先ほどの一昨日4日目の記事に引き続き
昨日5日目について書いてみたいと思います♪

 

この日は、昨日会ったばかりのドラマー・ジェイクとの初リハーサル!

会う前も動画でPDP曲を叩いてるところを送ってきてくれたりしてたので
基本的なところは安心しているのですが、
なんてったって、キメとかトラップが多いPDP曲。

1曲がだいたい2分半前後と短いだけに、ライブのための曲数も多い。

覚えることがいっぱいなのです。ドラマーさん達ごめんねぇ。いつもありがとう!

 

そういえば、いくつか前の記事で、PDPアメリカ人ドラマー5人目、と書いたけど
ライブだけでも今回のJakeで6人目、さらにレコーディングだけ参加してくれてる人がもう1人います。

前の記事ではライブ参加したドラマーが5人目と書いたつもりだったんだけど
よく考えたら初年度の一番最初の短いライブで、レコーディングで参加してくれてるドラマー・マイキーが
一緒に演奏してくれてました!
マイキーは、1枚目、3枚目、そして今回発売のミニアルバムのドラムを担当してくれてます。

 

駐車場からリハスタへ向かうの図

Go to rehearsal

みんなに置いていかれながらも、なんとか写真撮った!(◍•ᴗ•◍)

 

向かったリハスタは、昨年もPatと一緒に練習した部屋です。
ちなみに同じ建物の別階で、初年度にBradと一緒に練習したこともあります!

 

日本の、というか東京のチェーン店のリハーサルスタジオとは全然雰囲気が違うけど
なんていうか、人んちのリビングみたいで不思議な居心地があります(^-^)

first rehearsal

ちなみに今回のツアーは、前回と違い、スタッフとしてTakashiが未参加なので
広報係として写真撮るのは私だけとなっております。
ので、演奏中の写真はどうしても撮れません 笑

Takashiはやくきて〜!!笑

 

今回は初リハということで、ライブのセットリスト全曲を確認するのが最優先!

細かい部分、エンディングの方法とか、キメとかブレイクの部分とか、
あとライブバージョンで少し長さが違うとことかは、とりあえずのちにまた確認するとして、
全体的なノリとか、フレーズとかを中心にどんどんと確認していきます!

 

ありがたいことにジェイクはほとんどしっかり覚えて来てくれてたので
あとは後日細かい部分をすり合わせていけば大丈夫♪

しかし、すべてのドラマーさん達が罠にハマるのが、この曲です・・・笑

以前この記事 ベース弾いてみた! にUPしてた動画なんですが、
この曲はベースだけじゃなくて、ドラマーにも厳しかった・・・笑

この曲も以前のネックが細めのベースだと、そんなに問題なく弾けたので、
今のちょっとネック太めで厚みがあるのでも、あともう少しフレットが減ってなければ弾きやすいかも!

今回はツアーに間に合わなかったけど、次回までにはできればフレットを打ち替えたいなぁ〜

 

そう!今回長時間休みなしでずっと演奏してて気づいたんだけど
以前よりベースが重くなってる分、肩への負担が・・・笑
さらに、ネックが太く、フレットが減ってることもあって、
以前より必死にネックを掴んでるので、よけいに左手から肩にかけて疲れやすいのかも・・・笑

でも、音は素晴らしいです!!!!
この音のために、以前の利便性を捨てたといっても過言じゃない 笑

しかーし!
この弾きづらいのが、まんま、音に反映されまーす!笑
なんてったって、クリアでオーガニックなサウンドなので、ごまかしがきかないのです〜ヾ(。>﹏<。)ノ゙

さらに!
ごまかしがきかない理由がもうひとつ・・・・
ORBケーブルが素晴らしすぎるから!笑

ほんとに嬉しいことに狙った通りのクリアな音を再現してくれるのです!

ちょうど、このスタジオのマイクPA環境がちょっと弱くて聞こえずらかったんだけど、
Electro-Voiceのお気に入りマイマイクと、ORBのスペシャルマイクケーブルに変えたら
一気にクリアに聞こえやすくなった!!

ありがとうございます!!

 

ORB(オーブ)のケーブルは、マイクとかギター用とかだけじゃなくて
イヤホンケーブルとか、その他、いろんなのがありますよ〜

 

ORBケーブルのいろいろ
  ↓ ↓ ↓

 

ちなみに現在の愛用マイクは こんなのです

 

さらにちなみに、以前愛用のマイクは同じくElectro-VoiceのN/D767aというんですが
メーカーではさっきの後継機種に入れ替わっていて、今は市場に残ってるのしか入手できないみたいです。
こんなの

 

どちらも非常にお気に入りなんですが、新機種のほうがハウリングに強いというか
なんとなく扱いやすくなった印象です。

というのも、このマイク、いわゆるマイクのスタンダードになってるSHURE58と周波数の帯域がちょっと違うのか、
日本でSHURE用にセッティングされてる箱に持ってって、そのままマイクだけつなぎ変えるとハウリングがすごいのです。
オペレーターさんによっては、そこもうまく調整してくださって、本来の音質を発揮できるんだけど
人によっては「このマイクは使えません」と言われたこともしばしば・・・うーん残念!
海外の箱では言われたことないんだけどなぁ(๑•́‧̫•̀๑)

その点、この新しいほうのマイクだと、そういうのが軽減されてる気がします。
モニターへのかえりもいい感じだし。
あくまで私個人の印象なので事実と違うかもだけど 😛

 

相変わらずの時差ボケ発動中で、夕方にお昼寝しちゃったり、朝3時に目覚めたりとバラバラですが
どうせライブ始まったら、時間帯なんてバラバラになるし、まぁいっか!と思ってこれ書いてます( ^∀^)

 

翌日はスタジオに行って、ツアー中にジェイクが使うドラムセットを確認してきますよ〜♪

Translate »