PINKY DOODLE POODLE の NEWミニアルバム
POODLE BOOGIE」を聴いたみなさんからの感想コメントです。

今回は、英語圏の方々のご紹介。

 

まずは我らがボス。Good Charamel Recordsの主催でプロデューサー、
Goo Goo Dolls の Robby Takacさんから。

 

 

続いては、今回のPOODLE BOOGIEはもちろんのこと
これまでもPDPのレコーディングで一番多くドラムを叩いてくれてる
マイキーこと、Michael Lasaponaraさんから、

 

 

お次は天才ミュージシャンのリッチーこと、Richie Englishさんです。
リッチーはPDP楽曲に素敵なストリングス・アレンジを加えてくれたりしてま〜す

 

 

続きまして、マスタリング・エンジニアのAnthony Casuccioさんです。
Good Charamel RecordsでのPDPのCDすべて、マスタリングしてくれてま〜す

 

 

次は、2ndアルバム「Inside is Out」でドラムを叩いてくれてる
Josh Englishさんです。
ジョシュは、リッチーの弟ですよ〜。イングリッシュ家は音楽一家なのです。

 

 

そして次は、同じくドラマーのJosh Heatleyさんです。
ドラマーのジョシュが2人いてややこしいですが、Josh Heatleyさんは
2ndアルバムに収録されてるMC5のカバー曲 Kich Out The Jamsで叩いてくれてます!

 

 

まだまだドラマーが続きますよ!
お次は2016年の全米ツアーで一緒に演奏してまわった
ニックこと、Nick Masonさんです!

 

 

そしてアメリカ勢、最後のドラマーは
2017年にアメリカ東海岸ツアーを一緒にまわった
ジェイクこと、Jake Haggardさんです!

 

 

こんな感じで、英語でコメント頂いた方々は以上です〜!

え?訳せって?

えへ。えへ。(^-^;

実は、のちに紹介する「POODLE RADIO」っていうトーク形式のYouTube番組で、
上記のコメントを紹介しつつ、その場で訳しながら、
日本語と英語の両方で、頑張ってトークしてます!笑

 

では次回は、お先に日本語で頂いたコメントを紹介しま〜す!

 

Translate »